09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
モテる女(万人受けタイプ)
 
若いうちっていうのは
おっぱいが大きくて
タバコ吸ってなくて
メイク落としても可愛いんだろうなって思わせる子が
絶対、最強モテるよね。


って、だーりんに言ったら
「正解!!」って(笑)
過去のわたしには
なにひとつ当てはまってない感が……
まっいっか!!


もう少し上にいったら
また違うタイプがモテたりするんだろうか。


それが分かるようになったら
小説の幅がもう少し広がる気がするな。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
迷惑メール
 
そう言えば、さいきん元彼からメールきました(笑)
『結婚したんだってね。おめでとう』的な……。
そりゃあ、共通の友人もいますからね。
まぁ、狭い町ですしね。
噂もまわってくるでしょうよ。


でも、ほっといてくれよーい!!
そんなメール全然いらね!!
言うまでもありません。
静かに携帯、閉じました。ハハ(笑)


夜はまだ明けません……。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
肉食女子
 
今、バラエティ見てたら「初めてのキスは男性側からしてほしい」って女子が言っていた。
え!?そうなの??

最近ちまたじゃ、肉食女子なんてよく聞くから。
恋愛は女の子がリードしてるのね、と思ってたけど現実は意外とそうじゃないみたい。
やっぱり、日本女子は今も受身なのね??
そうなのね??

わたしは最初のキスは男側からしてほしくない派〜!!
だって自分のペースってもんがあるのに、いきなりチュ〜されたらキレるわ〜。
「このタイミングじゃね〜よ!!」って。
したい時は自分からするんでやめて下さい!的な。
これはもう、性格的なモノだろうけどさ(笑)


外国人とデートしたこともあったけど、あのスキンシップがダメでいつも二度目はなかったんだよなぁ……。
相手から触られるのダメなんだもん。
最初のデートで、腰に手を回されるなんて言語道断。
「てめ〜、何さわっとんのじゃ、ゴラァ!!」と。
「誰がさわっていいって許可したんじゃい、ゴラァ!!」と。
自己中丸出しですよ。はい。
ベタベタ触らない外人さんと出会っていたら、雄作はハーフだったかもしれません(笑)


まぁ、こんなひなたなので、受身女子でも一度は自分からチュウすることを推進します☆
意中の彼に送ってもらったりしたときに、サラッとね。
後日、「いや〜、酔っ払ってムラムラきちゃったんだよね〜。アハハ」
って、いっときゃ許されるって、マジで!!
↑無責任(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
欧米コンプレックス??
 
「日本人がラップ歌ってておかしい」
昔、友人がそう言ったのを思い出した。
もう一人が、
「そうだよね〜」
と、同意した。
わたしは黙っていた。
何がおかしいのか、ちっとも分からなかったからである。


元々、音楽に疎く洋楽なんてほとんど聴かない。
クラブ通いしてた頃に少しは聴いたけど、ほかの友達のようにどっぷり音楽に浸かることはなかった。
歌詞の意味の分からない外国の曲は、どんなにメロディがよくても覚えてカラオケで歌おうとまでは、思わなかった。
まぁ、それは極端に英語を含む外国語全般にわたしが全く興味がなかったからという理由があるんだけど。


しかし、友人たちの言葉にわたしは何か引っかかりを感じた。
どう考えても、メロディがおかしいとか言ってるわけじゃないと思う。
(わたしよりは二人とも音楽に詳しかったが……)
日本人がラップを歌っていること自体が変。
そう言ってる気がした。
ここで気になるのが、日本人が日本人を卑下している(?)ようなこの発言。
もし、ラップを作った本場の人がそう言うなら、仕方ない気はするんだけど。


まわりを見渡せば、ブルースやラップを白人が歌っているし、外国人演歌歌手だっているし、たまに海でアメリカ人が三線弾いてたりするが、ちっとも変じゃない……とわたしは思う。
そんなこと言ったら、日本人は民謡しか歌ったらダメって言ってるようなもんじゃないだろうか?


友人たちは幼い頃から、英語に興味を持っていて、留学経験もあり外国人男性とも付き合っている。
土地柄、アメリカ人目当てに移り住む日本女性も珍しくない。
そのほとんどの女性がガイセンだと思う。
言葉は悪いけど、日本人はダメで、付き合うなら絶対外国人(ここでは欧米人に限ります)なのだ。


たまたま仕事で知り合ってとか、偶然出会ってとかじゃなく、日本女性自ら外国人男性を求めるのはなぜなのか??
それってたぶん、もの凄く欧米に憧れているからじゃない??
そして、日本を少しバカにもしている気がするの。
そう考えたら、友人の言葉も納得できる。


う〜ん。
でも、やっぱり分かんない。
だってわたしは、強いてまで欧米人と付き合いたいと思ったことはないし。
(機会があれば、つき合ってみたかったけど)
旅行なら行きたいけど、外国に住みたいと思ったこともないし。
ましてや、欧米人のようになりたい!!なんて強く憧れたこともない……。
なので、彼女たちの心の中まではやっぱり、分からない。
結局はわたしの憶測でしかないんだよね。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
恋愛依存症
 
友達が、ギャンブル依存症の彼氏と別れられないと泣く。
まぁ、他人から見たら他にも男はたくさんいるんだから、さっさと別れちゃいなよ。と思う。
実際に私は冷たい女なので、その昔お付き合いしてた彼がマリ○ァナジャンキーになったときは、さっさと見切りをつけて他の男に恋活してた。
アハハ。って笑えないか(笑)
でも、そのとき学んだことは『いつかは変わってくれるはず』とか『自分なら止めさせることができる』なんて、絶対思わないことだ。


だって結婚してるわけでもなく、自分の子供でもない。
どうしてちょっと付き合っただけの、赤の他人男の面倒をわざわざ見ないといけんのじゃ!?と、自分が一番可愛い私としては、そう思うわけで。
『いつかは変わってくれるはず』なんて思っていたら、あっという間におばあちゃんだよ。
そのまま付き合って、もし結婚なんてしたら自分が苦労するだけ。
さっさと、若いうちに他のまともな男に鞍替えしたほうが断然いい。
少し目を凝らせば、いい男ってゴロゴロいると私は思うんだけど。


彼女は「分かってる。でも、彼がいないと生きていけないの」と言う。
「だったら、ギャンブル許してあげれば?」と言うと、「それも無理」だと。
う〜ん、じゃあどうしようもないよね〜(笑)
彼女は医療関係の仕事をしているから、依存症を治すことが容易じゃないことは知っている。


だけど、彼と別れたあとの淋しさに耐えられないのだ。
彼女は今の彼が初めてまともに付き合った相手だから。
私みたいに17で失恋しとけば良かったのに……。
男と別れても、意外と生きていけることを彼女はまだ知らない。
早く気づいて〜!!


女だから耐えられる痛みだってアン・ルイスも歌ってるよ〜!!(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
失恋
 
17のとき、私の人生最大の失恋をした。
好きで好きで好きで……
どうしようもないくらい好きな人だった。


「もう、戻れないの?」と、泣いてみたり
「セフレでもいい」と、食い下がってみたり


振られてからは、毎日悲しくて目が覚めた。
本気で死ぬかと思った。


だけど、ほっといてもお腹は空くし時間はどんどん過ぎていく。
どんなに辛くても、人間ってそんなに簡単に死なないんだな、と思った。
そりゃそうだ(笑)


自分が痛いのはイヤなので、リスカとかは思いつかなかったけど
私を振ったこと彼に後悔させたいと思った。
今思えば、プライド高いだけじゃん、自分。って感じなんだけど(笑)


一年後、新しく付き合い始めた彼の話を散々この元彼に話して、
「今、すごく(新しい)彼のこと好きなの」って言ったら
「別れたこと後悔してる」って言いやがった。
それが聞きたかったはずなんだけど、なんだかとても空しかったな〜。


そういえば、別れた後にズルズル会っていたのはこのときの彼だけ。
別れたこと認めたくなかったんだろうな。
今、考えると。
その内、未練もなくなって連絡も取らなくなったけど街で偶然、二度ほど会ったっけ。
ここ五年ほど姿は見てないけど、風のうわさで結婚したって聞きました。


なんで今頃、そんなこと思い出したかっていうと
友達が彼氏に振られて、ご飯が食べれないって言ってたから。
私の場合は、心に開いた穴を埋めるために必死で食ってたような……。


そりゃ〜私だって、ドリカムの歌のように、痩せた私を見てほしいって思ったけどさ!
逆にまるまる太って幸せそうに見えたかもね(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
喘息と恋
 
少し前に、『子供の喘息は夫婦の不仲に原因がある』みたいなことを何かで読んだ。
私自身、喘息ではないし親兄弟にもいない。
子供の頃は友達に喘息の子はいたけど、大人になるにつれみんな治っていった。
私にとって喘息というのは、限りなく自分には関係のない病気だとずっと思っていた。


だけどこの記事を読んだとき、私は昔お付き合いしていた男の子のことをふと思い出した。
彼はハタチを過ぎているにも関わらず時折ひどい喘息を起こし、夜中に私が付き添って救急病院に駆け込むほどヒドい喘息持ちだった。
その頃、夜のバイトをしていた私は出勤後のドレス姿でどれだけ病院の待合室で浮きまくっていたことか(笑)


そういえば、その彼の家庭環境がとても複雑だった。
彼の母は長いこと、とても年の離れた男の愛人をしていて彼を産んだ。
彼の小さいときの話は、お父さんにバスタブに沈められたとか、裸で外に出されたとか、ロープで腕を縛られてたとか、今なら「それ虐待っていうんじゃ……」というような話ばかりだった。
小6までおねしょが直らなくて、病院に行ったこともあると。
夜にはいなくなる父親が子供心に恥ずかしくて「夜は仕事に行っている」と、友達にはウソをついていたって。


だけど、彼が高校生になった年にとうとう本妻にバレてしまったらしい。
本妻が家に乗り込んできたとき、彼はその場に居合わせたと言っていた。
そして本妻がお母さんに殴りかかるのを見たと。
その一件で彼のお母さんは愛人をやめると決め、夜逃げ同然で引っ越して彼のお父さんから逃げ出した。


でも、話はそれで終わらない。
本妻との間に子供がいなかった彼の父は、彼らを探し出し認知したいと言い出した。
もちろん彼母は大反対。
そして彼にも父親と会うのを禁止した。
だけど大人になった彼は、年老いた父親がかわいそうだと母親に内緒で会っていた。
父親にも母親にも気を使って。


その彼と少しだけ一緒に生活した時期があったけど、コンビニの袋を道にポイっと捨てる彼に私はよく「なんでそんなことするの!?」と怒ってたっけ。
「普通の家庭で育っていないから俺には常識が分からないんだ」と、その度に彼は言っていたけど。
『夫婦仲が喘息の原因』だなんて、私には分からない。
だけど、この記事を読んだとき無性にそんな彼を思い出した。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
浮気中毒
 
男ってヤツァ〜、藤原紀香を嫁さんにもらっても浮気するんかい!!
旦那さんが浮気者で悩んでるそこの奥さん。
もう、諦めるしかないね。
だって藤原紀香でも浮気されるんじゃ、もうなす術ないじゃん!!(笑)
きっとあなたが悪いとかじゃなくて旦那がそういう人だってことだよ。
だからもう悩むのはやめよ、ねっ(笑)


報道されてるのを鵜呑みにすれば、陣内さんの浮気ってもう病気ですよね。
一人二人じゃなく、すんごいいっぱい愛人がいたんでしょ?
どんだけモテるんだよ……。
もうここまで来ると尊敬の念すら生まれちゃうよ。
(この話が事実ならね。週刊誌ってあんまり信じてないけどさ)


でも、男とか女とか関係なく、浮気を繰り返す人っている。
それはきっと、もう中毒みたいなもん。
家に玉木宏がいようとジャニーズの誰かがいようと、浮気する子は浮気するんだよ。


ようは、そういう人を選ばないように気をつけるしかない。
男の子も女の子も。
一夜の過ち的なモノじゃなく常習的なモノは本当に病気だからね。
いつかは私だけを見てくれるはず……なんて思ってたらダメよ〜。
浮気しない他の人探すほうが、時間も労力もかからないわ。
そういう意味では、早めに見切りをつけた紀香さんはスンバラスィ!!


ジメジメズルズル、この人がいないと生きていけない!!って女子より、こんな男こっちから願い下げよ、さよなら!!って方が好感もてちゃう。
二人のことは二人にしか分からないけど、報道だけ見てるとこれからあたしゃ紀香さんを陰ながら応援しちゃうね。


浮気する気持ちも分かるから陣内さんも憎めないけどさ(笑)
でも、他の女の子とエッチしたとき、「この女足みじけ〜な」とか思わないのかしら(笑)
藤原紀香を抱いた男と寝るってすごく勇気いると思うんだけど。
浮気相手の女の子達もある意味すごいわ(笑)
私だったら絶対イヤだもん。
負け試合するようなもんじゃん(笑)


おぉっと〜、これはひなたがテレビやyahooニュースを見て勝手に解釈したことですので、実際の団体、人物にはまったく関係ありませんよ!!
ただの妄想よ!!うふふ。
そこんとこ夜露死苦!!(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
お酒の席で
 
「オレ、ひなたのこと好きなんだよね。もし彼氏がいなかったら、オレと付き合ってくれた?」


って、酒の場で同僚に言われた。
(みんなの前でだよ……。頼むから空気読んでくれ!気まずい空気流れてっぞ!!)
答えに困って黙っていると、
(え〜、あんたとは絶対無理!!とか、毎日顔合わせる人に面と向かって言えない八方美人のO型(笑))


「こいつもひなたのこと好きなんだぜ」


と、隣に座ってるT君まで巻き込み始めた……。
(「ひなたさんやっぱ、恋愛って顔ですよね」「いや、私は顔より金だね」と、正直な恋愛感を語り合う仲なのでそれはない。T君とはただ仲良しなだけ)
T君共々無視していると、


「じゃあ、お前ら二人付き合えばいいじゃん!!」


と、捨て台詞を吐いて、どっか行ってしまう始末。
なんじゃそりゃ!?
こんな狭い職場で何やってんの、あんた(仮にも上司なのに……)
休みも少なくて、労働時間も長くて、正直家族より彼氏より同僚と一緒にいる時間のほうが長い。
みんな仲良しでよく飲みに行ったりして、恋愛感情よりも仲間意識とか絆とか戦友みたいな感じ。
ごめんね。この中で恋は生まれないよ。
しかもその後もT君に、


「ひなたのこと好きなんだろう?」


って、しつこく絡んでるし。
や・め・て・く・れ〜!!
T君も困って、


「ひなたさんのこと大好きですよ」


って、言わされてるしさ(笑)
うん。うん。分かってるよ。
その好きは仕事で助け合ってる信頼の好きだよね。
恋愛感情の好きじゃないのは分かってるからね、T君!!
もうすぐ、4月。
彼は他の店舗に飛ばされることが決まってる。
本当にもう人事異動が待ち遠しい……。
いつも、


「もっと、休みくれよ!!せめて週休二日にして!!じゃないと辞めるよ」


って、脅しかけてるのに彼は私のどこが好きなんだろう……。
ちっとも分からん。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
ある日の恋愛談議
 
彼女は言う。


「彼女がいる男の人じゃないと興味がもてないんです」


まぁ、分からなくはないかも……。
隣の芝生は青いって言うしね。


「彼女と別れるまでは、『いいじゃん。自分が幸せにするから早く別れちゃいなよ』とか、ガンガン攻めるんですけど、いざ別れてしまうとサーッと気持ちが冷めちゃうんです」


まぁ、それも分からなくはないかな。
落としてしまうと、興味がなくなるってことよね。
彼女にとって、恋愛(?)っていわゆる狩りみたいなものなのかも……。


「小悪魔通り越して、もう悪魔ですよね」


あはは〜!!そうだね。
でもまだ若いんだし、自分の持っている魅力を最大限活かして、狩りをするのもまた楽しいでしょう。
きっとそのうち、この人と結婚したいって思う人が現れると思うよ。
それまでは、いろんな人とお付き合いして楽しめばいいじゃん。


「……ひなたさんも同じタイプですよね?」


えぇ〜!!


「同じにおいがするんです」


いや〜。
彼女がいる男の人には興味ありませんが、お金を持っている男の人には興味あります。ウフ。
って、何言わせんだ。
いえいえ、買いかぶり過ぎですよ。お嬢さん。
そんなにわたしモテませんから(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
 1/2PAGES >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.