07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
ある日の恋愛談議
 
<< 家族団らん | main | 復活!! >>
彼女は言う。


「彼女がいる男の人じゃないと興味がもてないんです」


まぁ、分からなくはないかも……。
隣の芝生は青いって言うしね。


「彼女と別れるまでは、『いいじゃん。自分が幸せにするから早く別れちゃいなよ』とか、ガンガン攻めるんですけど、いざ別れてしまうとサーッと気持ちが冷めちゃうんです」


まぁ、それも分からなくはないかな。
落としてしまうと、興味がなくなるってことよね。
彼女にとって、恋愛(?)っていわゆる狩りみたいなものなのかも……。


「小悪魔通り越して、もう悪魔ですよね」


あはは〜!!そうだね。
でもまだ若いんだし、自分の持っている魅力を最大限活かして、狩りをするのもまた楽しいでしょう。
きっとそのうち、この人と結婚したいって思う人が現れると思うよ。
それまでは、いろんな人とお付き合いして楽しめばいいじゃん。


「……ひなたさんも同じタイプですよね?」


えぇ〜!!


「同じにおいがするんです」


いや〜。
彼女がいる男の人には興味ありませんが、お金を持っている男の人には興味あります。ウフ。
って、何言わせんだ。
いえいえ、買いかぶり過ぎですよ。お嬢さん。
そんなにわたしモテませんから(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
スポンサーサイト
 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.