07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
失恋
 
<< 高齢化社会?? | main | 我慢じゃ。。 >>
17のとき、私の人生最大の失恋をした。
好きで好きで好きで……
どうしようもないくらい好きな人だった。


「もう、戻れないの?」と、泣いてみたり
「セフレでもいい」と、食い下がってみたり


振られてからは、毎日悲しくて目が覚めた。
本気で死ぬかと思った。


だけど、ほっといてもお腹は空くし時間はどんどん過ぎていく。
どんなに辛くても、人間ってそんなに簡単に死なないんだな、と思った。
そりゃそうだ(笑)


自分が痛いのはイヤなので、リスカとかは思いつかなかったけど
私を振ったこと彼に後悔させたいと思った。
今思えば、プライド高いだけじゃん、自分。って感じなんだけど(笑)


一年後、新しく付き合い始めた彼の話を散々この元彼に話して、
「今、すごく(新しい)彼のこと好きなの」って言ったら
「別れたこと後悔してる」って言いやがった。
それが聞きたかったはずなんだけど、なんだかとても空しかったな〜。


そういえば、別れた後にズルズル会っていたのはこのときの彼だけ。
別れたこと認めたくなかったんだろうな。
今、考えると。
その内、未練もなくなって連絡も取らなくなったけど街で偶然、二度ほど会ったっけ。
ここ五年ほど姿は見てないけど、風のうわさで結婚したって聞きました。


なんで今頃、そんなこと思い出したかっていうと
友達が彼氏に振られて、ご飯が食べれないって言ってたから。
私の場合は、心に開いた穴を埋めるために必死で食ってたような……。


そりゃ〜私だって、ドリカムの歌のように、痩せた私を見てほしいって思ったけどさ!
逆にまるまる太って幸せそうに見えたかもね(笑)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 恋愛, -, -, -
スポンサーサイト
 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.