07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
基地と共にある危険
 
<< 恋愛依存症 | main | 都合のいい女 >>
日本の端っこの南の島で産まれて、私はこの島で育ちました。
基地は私たちの生活に、常に密接に関係しています。


授業中に飛行機の爆音なんて当たり前。
道を渡る外人の信号無視なんて当たり前。
初めて外人にナンパされたのは、小学校5年生です。
その一年後に少女暴行事件がありました。
被害者の少女は、私と同じ歳でした。


年頃になって夜遊びに行くときは、
「今日ペイディで兵隊たちが外に出てるから気をつけなさい」
母が必ずそう言いました。


「○○で暴行事件があったんだって」
「どうせまた軍人でしょ」
そんな会話が日常的に繰り返されます。


高校時代、友人の手首に青あざが出来ていました。
「どうしたの、それ?」
と、聞くと
「昨日、外人に捕まってさ。逃げれたから良かったよ」
ニュースにならない、暴行事件や暴行未遂事件がどれくらいあるのか。
それはもう、私たちにも分かりません。


家のすぐそこで、迷宮入りした殺人事件が数件あります。
こんな狭い町で犯人が捕まらないなんて、おかしな話だと思いませんか?
外人と車の接触事故を起こしたら、どんなに相手が悪くてもお金は取れない。
逃げられるから。
日本の警察なんてあてになりません。
殺人事件であろうと接触事故であろうと本国に帰られてしまえば、もうどうすることもできないんです。


私たちの生活は、常に基地と共にあります。
基地が無くなれば、そこで働く日本人の職がなくなります。
生活をするために、ご飯を食べるために、私たちの生活は常に危険と隣り合わせです。


でもね、危険だと思ってなかったの。今まで。
だって産まれてからずっとこの環境にいるんだもん。
それが当たり前になってた。
だけど、もし自分の娘が産まれたらって思ったんです。
もし娘が被害者になってしまったら……。


友達の彼氏や旦那さんにも軍人がいます。
ハーフの友達のお父さんも、もちろん軍人。
悪い人ばかりじゃないのも知ってます。
いい人もいっぱいいます。
それは日本人だって同じだもの。


だけどここでは、日本人の変態からも外人の変態からも、子供たちを守ってあげなくちゃいけないんです。
ダブルパンチなんです。
岡田さん、お願いしますよ。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:, 時事問題, -, -, -
スポンサーサイト
 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.